忍者ブログ

ざっきの「初めに言葉があった」

〜日々想うことをツラツラと〜

   
カテゴリー「思うところ」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いちりん

そう言えば、昨日はとても良い事がありました。
とても素晴らしい女性を見たのです。
見ただけです(笑)

その女性はとあるドーナツ屋さんに来ていたお客さんで、
私もそのとあるドーナツ屋さんにお客として居合わせていました。
私の方が先に来ていたと思います。
私は本を読んでいました。
その本は厚いものではありませんがずいぶんと前から読み始めていて、
もうすぐで読み終わりそうなところまできていました。
ちょうどクライマックス部分です。
私はふ〜と一息いれて顔を上げました。
そしてふと、女性が1人でテーブルについているのが目に止まりました。
そんな光景は別段珍しいものではありません。
しかし何かがいつもの光景と違う。
少し妙に感じて、こちら側からは後ろ姿しか見えないこともあり、
私はしばらくそのまま見ていました。
そして私はすぐに、この違和感の原因を理解したのです。
答えは『立ち居振る舞い』でした。
ちょっとした体さばきというか、身体の動かし方というか、
それが他の女性と圧倒的に違う。
どのような身のこなしなのかを私が一番しっくりくる表現で表すと、
「古風で大和的」な立ち居振る舞い。
その女性は私が最初みた時は何か本を広げて作業をしていました。
そしてその後手を休めてドーナツを口に運び、
コーヒーを啜っていました。
私が見たのはそこまでです。
しかし、それだけの動作で充分でした。
私の心を揺さぶるのには。
その女性を見て、私は今までモヤモヤとしていたものがハッキリと現れたという確信を得ました。
とても素晴らしい女性だと思いました。

日本には日本的な仕草というものがあります。
当然、中国には中国的な仕草があり、アメリカにはアメリカ的な仕草があります。
これはどこの国でも同じでしょう。
この国ごとの独特な立ち居振る舞いは如何にして生まれるかというと、
その国の文化によって育まれるのです。
日本は古来より着物を身に付け、障子戸に囲まれ畳の上で生活をしてきました。
この生活スタイルの中で効率のよい身体の使い方を模索した場合、
必然的に日本的な立ち居振る舞いが生まれるのです。
つまり、現在の欧米化された日本の生活スタイルの中で生きていると、
どうしても欧米的な体さばきの人間になってしまうのです。
その中にあってなおも日本的な仕草を受け継ぐ女性、
これを見た時に美しいと感じずにいられるでしょうか?


 立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花


昔の日本人は、美しい女性の立ち居振る舞いを
艶やかな花に例えて言い表しました。
この花が、今の世代にも咲き乱れることを願ってやみません。

拍手[0回]

PR

人を見て法を説きやがれ

少し前のことなんですが、
ミスドで1人コーヒー飲みながら事務仕事をやっている時のこと。
もう外は暗くなっていて夕飯の支度をしなければいけないような頃でした。
私の席のちょうど正面の丸いテーブルの席に、
小ちゃい子2人とお母さんの3人親子が座っていて、
子供たちがドーナツをおいしそうに食べていました。
でもなんだかお母さんの方は機嫌が悪そうです。
子供たちが何かお母さんに話しかけているのに、
お母さんは何も応えないでずっと携帯を触っていました。
カチ無視です。
子供たちは何もなかったかのように、
兄弟で話をし始めました。
しばらくすると子供たちもドーナツを食べ終えました。
帰ろうよーとお母さんに言い始めました。
それを見てお母さんは言いました。

「全部食べるまで帰りません」

確かに。
お皿の上には食べかけのドーナツがまだ乗っていました。
どうやらチョコが付いている部分だけを食べたようです。
お母さんは続けます。

「ちゃんと全部食べないと、これを作った人が悲しいでしょ?」

もっともな言い分です。
でも子供たちは何も答えません。
何も言わず、お皿にも手を伸ばしません。
どうするのだろう?
と、私が心配になりかけた瞬間に、別の手が伸びてきました。
大きな音が店内に響きました。
お母さんが子供を叩いたのです。
音といい、フォロースイングの動きといい、
かなりの力で叩いております。
子供たちは何も言いませんでした。
そして、1人の子供が食べ始めました。
お母さんは不機嫌そうに携帯の画面を見始めました。
たまに息子たちの行動をチェックし、
そしてもう一度大きな音で叩き、
さっきと同じようなことを威圧的な口調でまくしたて、
ようやく1人、食べ終わりました。

「お兄ちゃんはよく食べたね。エラい!」

と言ってお母さんは頭をナデナデしました。

「あんたは食べなかったからもうドーナツ屋には連れて来ないからね!」

弟と思われる子供は大好きなお母さんから見捨てられました。
目の前で繰り広げられるムカつくバイオレンスもようやく終わると思ったとき、
嬉しそうに椅子にもたれてはしゃぐお兄ちゃんの背中をまたもや、
お母さんの掌が襲いました。
電光石火です。
打たれた子供は顔を歪めながらも、一切の声を出しません。
なぜ何も言わないのか?
「痛い!」とか言うだろ普通。
おそらくそれらが日常的になっているのでしょう。


私は気付いてしまいました。
それはただ見えないだけで、実はあっちにもこっちにも、
悪臭ただようモンスターが歩いているのです。

拍手[0回]

他生の縁

たまたま時間がおして、
たまたまいつもと違うプランで動く。
すると世界がいつもと違う有り様になっていて、
このままだといつも通りに間に合わないことに気付く。
そこでたまたま浮かんだ回避策をたまたま近くにあるもので実行すると、
たまたまそこにしばらく連絡のない友人の姿を見つける。
たまたま見かけたその姿は鏡に映っただけの後ろ姿であったけれど、
それでも見た瞬間に誰とわかって少し振り返る。
しかし誰とわかったけれども私は急いでいたので、
声をかけずにそのまま自分の道を急ぐ。
とうぜん向こうも気付いてはいない。
後ろに目がついていないかぎり。
少し心がざわつく。
なんと器の小さいことか。
あのことが許せないのか。
声をかけなかったのは、急いでいたからではないのか。
30分ほどでやることを終え、
時計を見てからいつも通りの流れに乗ると、
それは完璧にいつも通りだった。

拍手[0回]

やってみる

ある日、公園に行ってみた。
テクテク歩いてみた。
並木がある。
足下でカサカサと音がする。
でかい赤い葉っぱが靴先にあたる。
見上げてみる。
背の高い樹木の葉っぱはバツの悪そうな顔をしている。
完全に赤茶色の葉っぱ、
完全に緑の葉っぱ、
途中まで赤茶色で途中から緑の葉っぱ、
まだ作業中とみえる。
もっとよく見てみる。
ざっくり見て、
外側の葉っぱから幹に向かって変化が起こっていることに気付く。
でもそれはあくまでざっくりの話。
おもしろくてしばらく見続けてみる。
すると段々と、
変化の途中であることの実感がわいてきて、
こいつも確かに生きているらしい、と、
不意にこみ上げる意味不明の感動。
涙腺を刺激するインパルス。
慌てて理性を呼び戻そうとする私をちらっと見るシーズー。
空からカサカサと言うのは樹木の笑いか風のいたずらか。
確かに風が冷たい。
もう公園を後にしてみた。

拍手[0回]

喰ってまうぞ

ふと思う。
誰かのことを好きになっている時は、
つまり、いわゆる恋をしている時は、
映画だったらとりあえず恋愛モノを観たくなる。


観たら観たらで結構おもしろいなって思うんだけど、
恋をしていない時にはあまり積極的に恋愛映画を観ようという気は起きない。


私はそんな人だ。


次に思う。
ファンタジー物の映画も嫌いではない。
これも観たら観たらであぁおもしろかったと思うんだけど、
いつも観たいと思っている訳ではない。
観たいと思う時がある。
それはいったいどういう心理の時なのか。
夢をみたい時なのか。


待てよ?
映画でいうと、私は元来、サバイバル系が好きだ。
これはいつも好きだ。
特に相手が自然現象とか人じゃどうしようもない感じの、
とにかく如何に生き残るのか?をリアルに描いた類いの物が好きだ。
これって、
うーむ、
いったいどういう心理状態なのかね?


それと関係あるのかないのかハッキリせずだけど、
たまにゾンビ物が無性に観たくなる時がある。
はっきり言って生存者たちが生き残れないで終わることもあるこの類いの映画、
それでもなんか「めっちゃ観てぇ!」という衝動に駆られるときがある。
ちょうど今劇場でやってる「デイ・オブ・ザ・デッド」とかすげぇ観たい。
そう、今、ちょうど観たいと思ってるとき。


なんで観たいんだろう?
人がグチャグチャでキチャキチャになってるのに。
人が、かつての家族が、恋人が、自分を喰おうと襲いかかってくる。
その現実を目の当たりにして、でもショックを受けている暇はなくて、
今、生き残るために自分ができる最善を尽くす。
たとえ愛する人であっても銃口を向ける。
計り知れない犠牲を払ってたどり着いた最後の希望も、
無情に打ち砕かれて途方に暮れる。
そんな人間の姿をみて、
私は何が楽しいんだろう?


なぜそれを観たいと欲する時があるのか?
何かを壊したいという破壊衝動なのか?
いや、それならただのスプラッター映画を観ればいい。
私はゾンビがいいのだ。
ただのホラーじゃ嫌なのだ。
親父の好きな戦争モノでも犯罪サスペンス物でもオカルト物でもなく、
ゾンビたちが出てるのがいいのだ。


でもこれは今だから思うのであって、
例えばいわゆる恋をしている時は絶対ゾンビは観たいとは思わない。
「ノッティングヒルの恋人」とかが観たいと思う。


それが私。


これ書いてたらウズウズしてきました。
近いうちに映画館でゾンビ観てこようっと。
これって、
うーむ、
今はいったいどういう心理状態なのかね。

拍手[0回]

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新記事

最新コメント

[05/19 Backlinks]
[11/14 ひろろ]
[08/31 NONAME]
[08/27 たく]
[04/13 nagai]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
ざっき
性別:
男性
職業:
自由
自己紹介:
I'm Japanese.

ブログ内検索

カウンター

Copyright ©  -- ざっきの「初めに言葉があった」 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]