忍者ブログ

ざっきの「初めに言葉があった」

〜日々想うことをツラツラと〜

   
カテゴリー「カイロ」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

そろそろ浮かぶか

すっげー久々に、
明日は大阪へ勉強に行ってきます!!


カイロのセミナーが天王寺でなんと2日連続!( ̄~ ̄;)
おおっと泊まりだよこりゃあオイっ(≧д≦)ノ
テンションあがりますねー
なんか懐かしい感じだなー★


今回は学校とは違うセミナーなので、
全く新しいテクニックを勉強してきまっす
ズバリ『頚椎セミナー』
首だぜちきしょー
ついにキタっすー
一応、学校でも頚椎テクニックは習得しますが、
どちらかというとネガティブなスタンスのテクニックだったんです。
学校としての考え方も。
でもそれでは実際の臨床でやってくには正直キビシいんですよね(⌒o⌒;A
それで今回の頚椎セミナーは待ちに待ったセミナーって訳です。
積極的に頚椎を触っていくことを前提にしているので、
今私ができるテクニックよりも更に正確で効果的かつ安全なテクニックを勉強できるのです。
やはり難易度はあがりそうですけど
しかーしやる気ムンムンです


ぶっちゃけここんところカテキョとかカイロの仕事とかでいろいろあって、
人知れずひっそりと凹んでたんですが、
もー俄然テンションあがってきましたよ〜ヽ(´▽`)ノ
前日の夜になってやっと(笑)
ギリギリ税金の還付金も入金されたし資金も安心っ(爆)


ほならつーことで、行ってきまぁ〜す

拍手[0回]

PR

厚い壁

今日はカイロの学校に行って来ました。
金曜日に大阪へ行くのは久しぶりです。
週末に学校へ行くのにはそれなりの理由があるのですが、
今回は土日共に福井で予定が入ったため、
金曜に学校に行くことにしたのです。

実は、私は今スランプ真っただ中にいます(笑)
今までわかっていた感触がわからなくなってしまったのです。
今年に入ってからずっとこんな状態で、
正直なところかなり焦ってます(T-T)
5月には卒業試験を受けなければいけないからです。
間に合うのか!?( ̄~ ̄;)

最近は学校に行っては凹んで帰ってくるのはその為で、
私より後に入学した人ができていることが私にはできなくなってしまっているからです。
それにちゃんと毎日のように指のトレーニングも頑張ってやってるだけに、
なおさらショックなわけです。
なもんで、ここのところ四六時中カイロのことばっかりをウンウンと唸りながら考えているって感じです。
何がダメなんだろう?って。
ある意味ではそれに集中していていいことなんですけどね(笑)

そんだけ1人で唸っていてもわからないことが、
今日、少し光が見えた気がしたのです!
それかーー!!ってな感じで★

今日は金曜日なのでいつもとは違う先生が学校にいました。
その先生と会うのは数ヶ月ぶりです。
その先生の手の形や指の運び方、手の平のどこに力が入っているのか?とか、
そんなのをじっと見たり聞いたりしている中で、
あぁっ!って思う点が見つかったのです。
それはいつもの土日にいる先生は触れたことがなかった部分でした。

そんなこんなで、今回は久しぶりにルンルン気分で福井へ帰ってくることができた日でした
まだスランプを抜け出した訳ではありませんが、
その糸口が見つかった気がしています。
いろんな先生に教えを請うというのは大事なことなんだなぁ
勉強になった。

いやぁ〜金曜日に学校に行って本当によかった
しかし時間がないな…( ̄▽ ̄;)
バイト減らして借金生活して勉強しようかな(笑)

拍手[0回]

100人くらいみたら感覚がわかるらしい

この日は、

 「頸椎の上方変位の検査と矯正」

と、

 「腰椎の側臥位での検査と矯正」

を勉強しました。
やはりクビを触るのは恐ろしい…

拍手[0回]

確かにその通りだ

今日、カイロの先生に言われました。

 「あなたの腰はきれいすぎておもしろくありませんね」


拍手[0回]

毎度のこと & 余談

この日は、大阪は少し暖かかったです。
じゃなくて、
 「第1肋骨と肩甲骨の検査と矯正」
と、
 「骨盤(特に腸骨)のPI(後方下方)変位の検査と伏臥位による矯正」

を勉強しました。
相も変わらず学校でグリグリやられました(T人T)
てことで、帰る時には腰がズキズキしていて、
次の日には腰は痛くなくなったけど、
今度は肩甲骨の内側ぐらいの背中が痛くなってきた…
卒業する頃には体ボロボロになってるねこれは★

みなさん、カイロを勉強するなら回復力のある若いうちにしときましょう!



余談ですが、この日学校を終えてビルから出た時、突然、
「○○ビルはここですか?」
と、1人の女性が私に聞いてきました。
その女性は長くつやのある黒髪でとても綺麗な人で、
「線」みたいな人でした。
私は全くわからなかったので、
「すんません、僕ここの人間じゃないんでわかりません」
と、あっさりと流してしまいました。

たぶんこういうシチュエーションの時、
ジェームズ・ボンドならばあたかも詳しく知っているかのように、
あるいはエスプリの効いたイカした態度で振る舞い、
そこから新たな世界を広げていくのだろう。

こういう事は常日頃から心がけて準備をしておかねば、
いざというとっさの時にはうまく対応できないものだ。
そういう努力をするのを、私は軟派なことだと昔は思っていました。
しかし、それは違うのではないか?と、この年になって思うのです。
軟派とか硬派とかじゃなく、単純に「準備をしておく」ということの大切さを
あらゆる局面で痛感するようになったのです。

それはきっと、私の能力が衰えてきているということなのでしょう。
若い頃はたいした努力をせずとも、人並みにこなす事ができるのです。
これを「才能」といいます。
しかし、才能というものは磨かれなければ光ることはありません。
よって大人になるにつれて枯れてくるのです。
これを阻止できるのが、「努力すること」です。
努力して磨くことによって、「才能」は「能力」として開花していくのだと思います。
というより、私はそれを身を以て感じています。

だから、まだ才能の芽が枯れきって消えてしまわないうちに、
私の中に蒔かれているあらゆる可能性について、
許される限り磨きたいと感じるようになったのです。

しかし、中には大人になりきってから才能を発揮する人たちもいます。
それはその人の「経験」がうまいこと「才能」の芽の上に積み重なった結果だと思います。
ということは、「経験」とは「努力して才能を磨く」ことに匹敵する代物だということです。
私が良い悪い関係なく、
できるだけ多くの経験をしたいと思うようになったのも、
こういう理由からです。

それらが、今の私を動かしている原動力の一部なのです★
まだ他にもあるんですけどね。

って脱線も甚だしい余談になっちゃいました(笑)


つーことで、明日も頑張るぞ〜ヾ(@⌒▽⌒@)ノ

拍手[0回]

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新記事

最新コメント

[05/19 Backlinks]
[11/14 ひろろ]
[08/31 NONAME]
[08/27 たく]
[04/13 nagai]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
ざっき
性別:
男性
職業:
自由
自己紹介:
I'm Japanese.

ブログ内検索

カウンター

Copyright ©  -- ざっきの「初めに言葉があった」 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]