忍者ブログ

ざっきの「初めに言葉があった」

〜日々想うことをツラツラと〜

   
カテゴリー「日々のこと」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ひとり遊び

今日は福井市民のお忍びスポット、
足羽山を散策しました。
お一人様で。



あすわ1



ここはどこでしょう?



あすわ2



足羽神社の入り口の一つでした。

あ、ちなみに今回の写真は全部、
トイカメラ風に撮影してみました。

どんな光学効果になるかはランダムの設定で撮ったんですが、
不思議と全体的に緑系の仕上がりになりましたね。
見えざる力ってやつでしょうか。



あすわ3



百坂を上から見下ろす。



あすわ4



愛宕坂の中腹にあるお寺(?)に差しかかる。

石段から少し見下ろすアングルで境内を見ると、
おお!
猫くんがおるではないか!
ポジショニングが神懸かっている!



あすわ5



近づくと向こうも近づいてくる。
甘え上手なヤツだな。



あすわ6



でもカメラはお嫌いなようで。
アポ取ってないからな〜。
ごめんネ。

めっちゃ久々に野良猫の頭を撫でました。
しかし結構きれいだったから飼われてるのかな?
でも普段滅多に動物に手を伸ばさないこの私がです。
場の空気ってヤツでしょうか。
そのぐらい絵に描いたようなパーフェクトなシチュエーションだったんです。
こわいこわい。


そう言えばこれ書いてて今気付いたんですが、
コヤツ、三毛ですね。
なかなか見事な三毛です。

実は写真撮ってないですがコヤツの傍らにもう一匹いました。
正確には死角に潜んでました。
なかなか周到なヤツです。
強盗だったら完全に盗られてました。
コヤツらが計算してやっていたのだとしたら、
かなりの手練どもです。

その手練のもう一匹は明らかにオスの顔をしてました。
夫婦なんですね、きっと。
家業で盗人か。

今うっすらと思い出しているところによると、
その夫の方も三毛っぽかったんですよ。
茶色がやけに猛威を振るった感じの。
大部分の茶の中に黒がちょぼちょぼ。
白が……記憶が曖昧。

もしアヤツが本当に三毛だったら、
これってかなりすごい事なのでは?

だって三毛猫って確か、
原則としてメスしか生まれないんですよね?
遺伝学上。
オスが居たらそれは突然変異的な現象だった気がするんです。
居ないことはないけどけっこう希少な存在。

その希少な三毛のオスが三毛の妻を娶っているんですよ!
そんな二匹が盗人をやっていてゴロニャ〜なんて言って足にすり寄ってくるんです!


いやぁ〜足羽山って、すごいなぁ。


ちなみに今日のルートなんですが、
愛宕坂の入り口の駐車場に車を停めて登り、
足羽神社のでっかいモミジの木が出迎えてくれる参道から入って参拝。
そこから原生林の横の道を歩いてひたすら登り、
茶屋を覗いて回ってると気がついたら平和の塔。
いつ見ても丸いなぁとしばらくボーっとしてから引き返しました。

私が1番好きなルートです。

平和の塔まで行くとほっとんど人がいなくて最高です。
ボーっとしてても誰も変な目で見ません。
ボーっとする場所ですから。

また行こうっと。
今度は罠にかからないように用心せねば。
三毛旦那が本当に三毛か確かめるのだ。

拍手[0回]

PR

ありがたや~




武生の先生から観葉植物をいただきました☆
これが有るのと無いのとでは大違いです。

いい感じ~(^ー^)

本当にありがとうございます!!

拍手[0回]

ラヴリー




友達が私の準備中のお店に
花を持ってきてくれました。
手作りです。

拍手[0回]

三発ドーン

今日は実に2年ぶりか3年ぶりくらいに会うという人のところへ遊びに行きました。
しかも会うのは今日で2回目という…( ̄▽ ̄;)

彼と初めて会ったのは「ラーメン会」という集まりでした。
そこでお互い同業者ということでいろいろ話をしたのを覚えています。

その彼から先月、突然連絡があったのです。
それまでほとんどやり取りなんてしたことはありませんでした。
「最近どう?」
といった感じの連絡でしたが、
結果的に彼のお店へ遊びに行くことになりました。

私にはなんとなく、
彼がどういう気持ちで連絡をしてきたのかがわかりました。
私に何を求めているのかも。
だから私は、会いに行こうと思ったのです。

この仕事をしていると誰でも抱く不安と悩みを、
彼はたった1人で背負っていました。
これはやった事がないとわからない事なのですが、
想像以上に孤独な戦いなのです。
よくやってきたなぁと尊敬に値する程、
彼は頑張り屋さんでした。

その不安を和らげてあげよう、
みんな同じなんだと言ってあげよう、
そして何か解決の糸口でも引き出す事ができればいいな、
そんな想いで遊びに行きました。

でも、真面目な話ばかりでもなく、
彼の面白い面も見れてすごく楽しい時間になりました。
そうか、あんなにおもしろいキャラだったのか。
知らなかったな。



仕事で使っている SNS があります。
そこで仲間たちと連絡を取り合ったり、
情報をやり取りしたりしています。
そこでいま、非常に待ち望んでいた声が上がっています。

『被災地の避難所でのボランティア施術』

いま有志を募っているところなのですが、
私もぜひ行きたいと思いました。
私の持っている技術で役に立てるのであれば…行きたい!
しかし交通費…時間…現実的に自分にできるのだろうか…( ̄~ ̄;)
お金は何とかなるだろう。
時間も GW に行く予定のようだし大丈夫だろう。
と、思っていたら、
この事を察知したかの様に母親がポロッと私に聞いてきました。

「○日と○日の予定わかった?空けれそう?」

そうだった!!Σ( ̄□ ̄;)
その日は弟夫婦が来て私の両親と私、
みんなで民宿へ泊まりに行くと言っていたっけか!

うーん、なぜ重なるのか?
民宿…私は要らないんでないのか?
でも弟夫婦が四国から来るしなぁ。



小学校の時、一緒のクラスだった友達ですごく仲のよかった友達がいます。
彼の家にも何回も遊びに行った事があります。
一緒にアホなこともやりました。
でも、今では全く連絡を取っていません。
中学に入って少ししてからぐらいでしょうか、
それぞれ別々の友達とつるむ様になり、
連絡もしなくなりました。

その彼の母親が今、入院しています。
余命2週間と宣告されています。

彼のお母さんは、私の母を通して私にあるお願いをしてきました。
最初は話の流れで言ったのかと思っていましたが、
今日また同じお願いをされたようで本気のお願いのようです。

そうか…私が動くことで安心して逝けるのであれば…。
そう思いました。
人は死が近づいた時、人に何を頼みたいと思うのか?
それによって、
その人にとっての『生きた証』が何だったのかがわかります。
何が生きる意味になっていたのかが。



今日私の身に起きた出来事。
これを頭の中で整理していると思い出すことがあります。

今年のお正月、初詣でひいたおみくじ。
不思議な事に、弟と全く同じ内容のくじをひきました。
そのことがそこに書かれた内容を脳裏に刻み残す一助となりました。

でも大吉だとか、末吉だとか、それは覚えていません。
強烈に覚えているのはただ一言。

『人の為に尽くしなさい』

きっと神様にはこの1年に私に起こる出来事が見えていて、
それで私が判断に迷う姿も見えていたのでしょう。
本当に、粋なことしてくれますね。

拍手[0回]

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新記事

最新コメント

[05/19 Backlinks]
[11/14 ひろろ]
[08/31 NONAME]
[08/27 たく]
[04/13 nagai]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
ざっき
性別:
男性
職業:
自由
自己紹介:
I'm Japanese.

ブログ内検索

カウンター

Copyright ©  -- ざっきの「初めに言葉があった」 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]