忍者ブログ

ざっきの「初めに言葉があった」

〜日々想うことをツラツラと〜

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

とあるメガネの憂鬱

昨日の合気道の稽古で軽く激突して眼鏡が曲がってしまったので、

今日、何気無くメガネ屋を覗いていたら

いつの間にか新しいメガネを購入していた。


恐るべきマジック!


1万8千円の出費!((((;゜Д゜)))


しかし今使っている物は

もうかれこれ5~6年ほど毎日、

休みなく働き続けているベテランさんである。

フレームの塗装も剥げ、

レンズに残る無数の傷跡は

人生の荒波の厳しさを窺わせる。


もう、お疲れさまと言ってあげようじゃないか。


このベテラン眼鏡を手にするキッカケとなったのは、

一人の女性だった。

よくある話である。

気分を新たにして頑張るためだと言えば聞こえはいいが、

つまりは失恋の痛手を忘れるためだ。


実を言うと、

メガネを変えた後にその女性とは上手くいったのだが、

これは全くの想定外だった。

この経験に基づいて今また同じことをしようとしていると思われてはいささか心外なので断っておくが、

それは、ない。


2年前は月に一度必ず大阪に泊まりがけで行くという生活をしていた。

はじめの頃はいつも同じホテルを利用していたわけだが、

ある時、チェックインの際にホテルの支配人に声をかけられて驚いた事があった。


 「私、○○様を覚えております」


理由を聞くと、

珍しいメガネを召されているからだ、と。


ここまで来るとメガネ1つで物語が書けそうな気がしてくる。

いつか物書きになった時のために温めておこう。

1つのメガネを中心に進む複数の群像劇。

あるものは冒険もの、

あるものはミステリー、

ラブストーリーも考えよう。

うん、面白そうだ。

その前にメガネを数える単位を調べなければ。


話がそれて長くなったが、

つまりは、

仕上がりがワクワク待ち遠しい、

という感情の高ぶりを書き綴りたかったのである。


合掌。

拍手[0回]

PR

快晴、快晴☆

今日は目をショボショボさせながら6時半に起き、

軽トラの荷台に乗っかって和太鼓を叩きながら町内を練り周り、

途中で抜け出し友達の結婚式に参列し、

ホテルのプチ展望レストランで食事をし、

しなっとお仕事もしっかりこなしたという、

なんとも充実した1日でありました☆

いや~めでたいめでたい(*≧∀≦*)


明日もお仕事してから夜は秋祭りの本番、

和太鼓の舞台に上がりますヽ( ̄▽ ̄)ノ

毎日がこんな充実した1日だったらいいのになぁ(笑)





拍手[0回]

凪ぐ

いつも行く美容室の店長が今度は

 「5年後にエクソシストになる」

と言い出した。
妖怪と戦いたいらしい。


それだったら陰陽師の方がいいんでない?
と真面目にアドバイスしてあげた。
福井は陰陽師と縁が深いからちょうどいい。


また1つ、楽しみが増えた(笑)



今日も足羽山を散策した。
こんな感じだ。











原生林はやっぱりいいね。







またもや猫夫妻発見!











今日はやけに夫がフレンドリーだ。
嫁と喧嘩でもしたんかな?


最近、思うところあり、
静かに思案する時間が増えてきた。
それに伴い、周囲の目が気にならなくなる。
これは……変人ざっきさんの復活なるか?
それとも秋だからかな?


朴訥とした雰囲気を引き連れているかもしれません。
みなさん、気にしないでね。


しかしよく考えれば四季が移ろう様に、
人の波長もある一定のサイクルで移ろうのが自然なのかもしれない。


永遠にずっと変わらないなんて、燃えないゴミと一緒じゃないか。


と歌うのはハイローズ。
ヒロトの言葉はいつも飾らない。


お店の掃除をしなきゃ、とか。
あのメモを書き留めておかなきゃ、とか。
5時半に電話をしなきゃ、とか。
別にまぁいいかと思えてくる。


それが足羽山マジック。


ヒンデンブルグ号が爆発したのは誰の陰謀か、とか。
日月神示の非公開部分には何が書かれているのか、とか。
あの娘の下着の色はなんなのか、とか。
もっとどうでもいいと思える。


足羽山ってステキ。


人生で二度目ぐらいでしょうか、
今日はあの継体天皇像があるとこまで登っていって、
目の前に立ってじっとその眼を見つめてみた。
像の右目とは見つめ合えなかったが、
左目とはバッチリ視線が絡んだ。


しばし見つめ合い満足してから、
右目の視線の先を追うように後ろを振り返ると、
そこにはちょうど段を登り切ったおっさんが立っていた。
白のシャツに黒のジャージのズボン、スニーカー。
運動途中のそのおっさんとも目が合った。


おっさんは軽く会釈をした。
私もそれに応えながら像の右目の先に顔を向ける。
そこには木々の梢が避けるように景色が開けていた。
そうか、ここからはこんな風に見えるのか。
おっさんの気配になんら警戒することなく、
私は像の前に立ち尽くす時間を楽しんでいた。


これぞ足羽山マジック。


みんな、気にすんなっ(笑)

拍手[0回]

わからない

いろいろやりたい事がある。

やりたい事がありすぎて、

自分はいったい何がやりたいのかわからない。

一見矛盾している。

が、なにもおかしなところはない。

事実だ。



例えば子供の頃、戦闘機のパイロットになりたかったとする。

本気でなりたいと思っていた。

しかし大人になり物の分別がつくようになると、

それは戦争の道具であり人を殺し物を破壊する種類の人だと考えるようになり、

自分のなりたいものリストから削除される。

そしてなりたいものリストの二番目に書いてあった物が繰り上げ一位になる。



別の例えでいうなら、

読書が大好きなパン屋さんがいたとする。

彼の焼くパンはとてもおいしくて評判だ。

だが1つ残念な事があり、彼の店には置いてあるパンの種類が少なかった。

もう少し豊富な種類があれば…と客は口々に言う。

新しいパンを焼くために、

パンに合う食材、合わせたい食材、

その食材にあうパン生地、ちょうど良い焼き加減、

おいしそうに見えるフォルム、オリジナリティの出し方、

そういった物を研究するために時間と労力を費やそう、

などとは彼は思わなかった。

したくなかった。

そんな時間と労力があればそれをすべて読書に傾けたいと、

彼は純粋に思っていた。

ミステリーを読み謎解きに胸を高ぶらせたり、

十字軍の歴史群像を夜中に集中して読む事にエネルギーを使いたいと彼は思っていた。

だが彼は今日もパンを焼く。

彼のパンを楽しみにしている人がいるからだ。



つまり論点はこうだ。

自分はいったい何がやりたいのか。

求められてやっている事が多すぎやしないか。

それは本当に自分から求めてやっていることなのか。

求められている事をやらなかったらどうなるのか。

それはいけないことなのか。

本当にやりたい事だけをやったらどうなるのか。

それはいけないことなのか。

いけないことってなんなのか。

いけないってなんなのか。

誰がいけないと判断するのか。

判断の根拠はなんなのか。

その考えは、誰の受け売りなのか。

本当に良い考えだと思っているのか。

子供の頃に植え付けられたイメージで動いていないか。

社会通念の大地に足を踏みしめていないか。

レストランのテーブルの上からコップを落とす事のどこに問題があるのかを、

誰か私に説明してほしい。



1つ断っておくが、

私は病んではいない。

迷っているのだ。

拍手[0回]

お盆ですよ

お盆の出来事。

ばあちゃん家からの更新。

写真だけですがなんとなく察してください(笑)























拍手[0回]

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新記事

最新コメント

[05/19 Backlinks]
[11/14 ひろろ]
[08/31 NONAME]
[08/27 たく]
[04/13 nagai]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
ざっき
性別:
男性
職業:
自由
自己紹介:
I'm Japanese.

ブログ内検索

カウンター

Copyright ©  -- ざっきの「初めに言葉があった」 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]