忍者ブログ

ざっきの「初めに言葉があった」

〜日々想うことをツラツラと〜

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

地面の色

私はあの噂のドラマ 「24」シリーズをシーズン2の途中から見始めた。
去年の終わり辺りからハマりだし、今年の初め辺りにシーズン3までを見終えた。
話的に途中から強引に割り込んだのに、自分でもビックリするぐらいハマった。
その頃はまだ会社勤めをしていたため、極端に帰りが遅くなった日を除いて、
毎晩目をショボショボにして観ていた。

こんな風に仕事をこなせたらなぁ

そう思う心もチラチラ見えつつも、自分を投げ出し必死で国を守ろうとしている
ジャック・バウアーの姿に感動していた。

最近、ふと思った。
ジャックはテロリストから米国を守るためにはどんな手段でも行使する。
罪無き多くの米国民を守るためには、多少の犠牲は厭わない。
一方で自分も人間だから弱い部分はある。娘は大事だ。
やられたらそりゃあ怒るよ、やり返すよ。

この姿は、アメリカの姿そのものではないか?

 「正義を行使するためには、犠牲が必要な場合もあるのだ。
  例えばこんな場合だよ。ほら迷ってる暇なんかないだろ?
  平和を守るという事は、こういう事なのだ。」

そんなメッセージを何の抵抗も無く、すんなり広めてしまった。
少なくともジャックが銃を持って闘う姿は、誰の目にも英雄として映るだろう。


アメリカは兎に角「正義」を謳う。
新撰組は「誠」を掲げる。
武将は「天下統一」だ。

言葉だけを見ていたら、なんとも綺麗でかっこいい。心が奮える。
でもちょっと待ってよ、よく見てよ。
その空気の匂いと地面の色をさ。

拍手[0回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by サタデー
  • 2007/01/25(Thu)17:13
  • Edit
めずらしく社会派やな~ 熱さは大事ですよね。
平和のために戦争するという不思議な当然。
でも政治的最終手段であるはずなのにアメリカはすぐ持ってきすぎかもですね。
いい訳か大義名分か、はっきりしなきゃ。
熱いな~

Re:無題

  • by ざっき
  • 2007/01/26 03:16
静かに燃えるのが好きなんよね(笑)
戦争って平和のために必要なんかねぇ?
(違うもののためには必要だと思うが。いや、正確には「必要だった」かな)
何とかの連鎖って奴だね。
以前、何かの記事に書いた言葉を引用すると、
これは「何かを得るためには何かを失う必要がある」ケースで、
今となってはその「失う物」の部類に入ってると思うんだよね、武力って。
失うことを怖がってたら、次に行けないじゃないか。
それに気付くために、焦げた空気を吸い、染まった地面を見なきゃいけない、と思いました。

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新記事

最新コメント

[05/19 Backlinks]
[11/14 ひろろ]
[08/31 NONAME]
[08/27 たく]
[04/13 nagai]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
ざっき
性別:
男性
職業:
自由
自己紹介:
I'm Japanese.

ブログ内検索

カウンター

Copyright ©  -- ざっきの「初めに言葉があった」 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]