忍者ブログ

ざっきの「初めに言葉があった」

〜日々想うことをツラツラと〜

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私は今

今日は雨が降っている。
実際にはそんなことはないはずだけど、なぜだかすごく懐かしい感じがした。
なぜだろう?

歯医者から帰ってきて、すぐに家の中に入らずに、
しばらく玄関口に立って雨が降る様子を見ていた。
雨の降る様子を聞いて、嗅いで、触れていた。

「うん」

と、心の中で不意に頷いて、家の中に入った。
何に頷いたのかは自分でもよくわからない。

自分の部屋に入った後も、灯りも付けずにまた窓の外を見ていた。
何か音楽が聴きたいとふと思った。
そうだ、ピアノの音が聴きたい。
私は今はあまり聴いていない、ピアノのメロディーに乗せて歌う歌手の唄をセレクトして、流した。
それは思いもかけずとても静かな音で、窓の外の雨の音も混じって聴こえる。
まるでピアノと雨がセッションをしている様だった。
私はしばらく、そのまま耳を傾けていた。

ここで、私は気付いた。
私は今『淋しい』気持ちになっているのだ。
でもそれはいわゆる人恋しい類いの物ではない。
どちらかと言えば、郷愁といった感じだった。
哀愁とも言うのか。
何か物語が頭に浮かんだ訳でもない。
ただ、『淋しい』という感情が存在するだけだった。
何が淋しいのかはよくわからない。

少しずつ、私はこのまま思考を繋げていくことにした。
昔はこんな感情をたまに、そしてごく自然に感じていたこと。
最初に懐かしいと感じたのは、この感情が久しぶりだったということ。
そういえば、今はこんな感情を抱くことはあまりない。というより、記憶にないということ。
一つずつ、浮かんでまた次が浮かんで…を繰り返していった。

今は、一つのことがわかった。
私は「心が凝り固まっていた」んだ。
その凝りが、今ようやくホグレようとしていたのだ。
凝り固まることになった要因を取り除いた後も、
ここに至るのにしばらく時間がかかったのだ。
私の心は、それが本来あるべき姿を崩していることに気付き、
そして私にそれを意識させない内に、元に戻すべく働いていたのだ。
なんということだ。
なんという雄大な過程だ。

凝りはまだ完全にはホグレ切っていないだろう。
それはしょうがない事だ。
それでも私の心は今、白い翼を背中に有しているかの如く、
自由に舞い飛翔することができると、そう確信しているのである。
これはつまり、「私のスピリットが『可能性』を見出した」ということを教えてくれている。

昔、ある天才学者が「神はサイコロ遊びをしない」と言った。
それに対し、もう一人の天才は「サイコロ遊びが好きな神を受け入れればよい」と言った。
私は今、神様はサイコロなんか振らないと考える。
雄大な智慧のプロセスの一端を知っているからだ。

拍手[0回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

[05/19 Backlinks]
[11/14 ひろろ]
[08/31 NONAME]
[08/27 たく]
[04/13 nagai]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
ざっき
性別:
男性
職業:
自由
自己紹介:
I'm Japanese.

ブログ内検索

カウンター

Copyright ©  -- ざっきの「初めに言葉があった」 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]