忍者ブログ

ざっきの「初めに言葉があった」

〜日々想うことをツラツラと〜

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どうなってんのそこんとこ

最近たまに思うのは、

『自殺する人って、どんな心境なんだろう?』

ってこと。
キッカケはいたって単純。
最近電車の中で読んでる半分実話の本の主人公が自殺したくてしたくてたまらない!って願望の持ち主で、
なぜ自殺したいのかってことがことあるごとに綴られ出すから。

それと、バイト先でなぜか、
「サラリーマンの自殺者数は、統計的に週で見ると月曜日に自殺する率が圧倒的に高い」
という話が出てきたからでもある。
(これは前の会社で総務課長さんから聞かされた話でもある。その時は、ストレスを溜め込まず健康に留意してサラリーマン生活を送りましょうという有り難いお話だった気がする)


このキッカケなるものの前者と後者とでは、
自殺に至る原因は全く異なるのだけれども、
結果だけみればそれは同じことである。
自ら命を絶ちたいと願ったのだ。

本の中の人間は、毎日が同じ事の繰り返しで、
この先10年、20年生きていても全く同じ人生であることを悟り、
そして自分の生きていることの意味が感じられなくなって、
生きる事に興味を失ってしまう…というパターン。

対して現実の人間は、毎日が同じ事の繰り返しだと思われる中において実は激動の日々を送っており、
自らに課せられた重責に耐えられず、
10年も20年も先の事を考えられる余裕もなく、
今目の前にある余りにも大きなプレッシャーの連続に疲れ果て、
週の初め、会社へと向かう橋の上で大した考えもなく、
衝動的にその身を川へと投げる…というパターン。
(半分は想像だけれども(笑)多分こんなとこだと思う)

本のあらすじだと、どうやら主人公は生きることの意味を見出していくそうだけれども(まだそこまでは読んでないけど本の売り込み文句にそう書いてあった)、
じゃあ現実のサラリーマンたちはどうなんだろう?
彼らは追い込まれて死んでいく。
死んだ方が楽だというのは、いったいどれほどの苦しみなんだろう?

これはサラリーマンに絞ったから苦しみという原因だろうと思ったけど、
実際には確かに単に生きるのがオモシロくないという人もいるだろうし、
大切な人を失った悲しみから実行する人もいるだろうし、
誰かの何かのためとかいう人もいるだろうし、
いろんな人がいるんだろうと思う。

その人たちは、どんな心境で未知の扉を開けるのだろう?
今までは誰かが自殺した、という結果だけしか見ていなかった気がする。
それだけ見たら、全部同じだ。
みんな同じ。
自分で死んだ。
でも何を思って自分を殺そうとするのか?
生きている人はそれを勝手に想像するだけ。
本当のことはやった人にしかわからない。
生き証人は精神病院へと送られる。
遺書に本当の事が書かれているとは限らない。


そこんとこ、もうちょっと詳しく、わかってみたい。

拍手[0回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by さたでー
  • 2007/08/25(Sat)10:37
  • Edit
まぁ、そこまでいくには精神的に病気と診断される人も多いだろーが。
一人一人環境も文化も宗教も考え方もちがうから難しいわなー。死んだ人に聞くっきゃないね。

Re:無題

  • by ざっき
  • 2007/08/27 23:46
精神分析を研究するよりも霊魂と交信する研究をしたほうがよっぽど世の為になるんじゃないのって話やね。


本にオモシロいやり取りが出てきた。
精神病院の中での主人公とある患者とのベッド越しの会話。

 「狂ってるってことがどういうことか分かる?」

 「狂気とはね、自分の考えを伝える力がないことよ。まるで外国にいて、周りで起こってることは全て見えるし、理解もできるのに、みんなが話してる言葉が分からないから、知りたいことを説明することもできず、助けを乞うこともできないようなものよ」

 「わたしたちはみんなそう感じてるわ」

 「だからわたしたちはみんな、なんらかのかたちで、狂ってるのよ」

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新記事

最新コメント

[05/19 Backlinks]
[11/14 ひろろ]
[08/31 NONAME]
[08/27 たく]
[04/13 nagai]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
ざっき
性別:
男性
職業:
自由
自己紹介:
I'm Japanese.

ブログ内検索

カウンター

Copyright ©  -- ざっきの「初めに言葉があった」 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]