忍者ブログ

ざっきの「初めに言葉があった」

〜日々想うことをツラツラと〜

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ゴールドセイントの位まで高まれ!



 一難去ってまた一難


とはよく言ったものです。
こんな事がここ数週間続いていてもう嫌になります。
非常にヘビーなボディーブローなので、
だいたい1週間ぐらいかけてダメージが回復してきたと思った頃に
また次の一発をもらってしまう。
そんなこんなで3〜4発もらい続けてます。


この天性の楽天家ざっきさんが回復に1週間もかかるなんて、
悟空がリクームに見舞った一発に匹敵する重さです。


でもちょっと待てよ、今にして思えば、
こんなことは会社勤めしていた時は日常茶飯事だったじゃないか。
文字通り、飯を食うのと同じぐらい当たり前の事だった。
むしろ3日周期ぐらいで浮いたり沈んだりを繰り返していたのです。
よくやっていたなぁとも思うし、
燃えていたなぁとも思うし。
命の炎がね。


平坦な人生は人生と言えるのか?
波風立たない生活は人を活かすか?
うーん、否だね。
人生は平坦でないから生きる価値があるし、
生活は波風立ってこそ生き生きとする。


そしてそれを証明するかのように、
打たれた私の心は喜びを感じている。
いや、Mではないのであります(笑)
そういうことじゃなくて、
よく命の炎が燃えているとかって言うじゃないですか。
さっきも書いたし。
例えるなら、
炎は焼く物がないと有り難くないんです。
何か照らしたい物がないとあっても意味がない。
暖めたい時でないと要らない。
その炎が今、
道を照らさなければならない闇夜の中にある。
体を温めなければならない寒空の下にある。
ぶち壊さなければならない壁の前にある。
今こそ、そう、
今こそが炎を熱く強く輝かしく燃え上がらせる時なのです。
炎にとってこの時ほど存在価値を発揮する時はないはず。
こういう時にこそ、命は輝くもの。
強い敵に出会ってこそ、コスモは極限まで高まる。
つえー奴に会うとオラわくわくすっぞ。
おや?なんの話だっけ?(笑)


ということです。
私が言いたかったのは、そういうことです。
平々凡々なサザエさんを見ててもおもしろくない。


一難去ってまた一難、


おもしろい!!( ̄ー ̄)ニヤ...




…それにしても今日は寒いなぁ…(笑)

拍手[0回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新記事

最新コメント

[05/19 Backlinks]
[11/14 ひろろ]
[08/31 NONAME]
[08/27 たく]
[04/13 nagai]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
ざっき
性別:
男性
職業:
自由
自己紹介:
I'm Japanese.

ブログ内検索

カウンター

Copyright ©  -- ざっきの「初めに言葉があった」 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]